チームスピリット社の分析|業績・事業内容

2020年1月12日

株価上昇ランキングに入っていたのでチームスピリット社は投資対象になるのかどうかを分析していきます。

業績概要

まずは業績ですが、売上12億、営業利益6,900万とまだ小さい会社です。しかも営業利益は2018年度に黒字となって、2017年度までは赤字でした。今後黒字が続くかどうか売上は伸び続けるかどうかはチェックします。

㈱チームスピリット 2018年8月期 有価証券報告書より作成
https://corp.teamspirit.com/ja-jp/ir/news.html

また、自己資本比率はどんどん上がっているのでどこかの会社が投資しているようですね。と、どの会社が投資したのかを見たところ、そもそも2018年7月にマザーズへ上場していました。だから純資産が増えたのですね。

㈱チームスピリット ホームページより抜粋
https://corp.teamspirit.com/ja-jp/news/information/2018/07/ir_release.html

事業内容

社員が利用するアプリ「TeamSpirit」

続いてどんな事業をやっているのかを見ていきます。勤怠管理など従業員が利用するアプリケーションを一つにまとめた「TeamSpirit」を提供しているんですね。要チェックなのは、他社との違い・強みはなにか?ですね。

他社との違い

クラウド型のSaaSサービスであることが特徴ですね 大きな費用がかかる統合型ソフトのERPと、簡単でリーズナブルなパッケージサービスの両方をクラウド型で提供することが違いですね。

㈱チームスピリット 2020年8月期 決算説明会資料
https://corp.teamspirit.com/ja-jp/ir/material.html

ERPの方が売上単価は大きくなりますが、開発コストも大きくかかるので、クラウド型サービスのほうが業績を見通しやすいです。また、契約会社が増えれば売上が継続して出るので売上変動リスクも小さいですね。

ただ、強みについては情報が少ないです。他にも似たサービスを提供している企業はあると思うので、競合分析も併せてまた次回進めていきます。

業績を深堀り

売上の伸びは続くのかどうか?

2019年3Qの決算短信を見ると、売上は前年比46%と大きく伸びています。2019年度の売上の伸びは一時的ではなかったようですね。

㈱チームスピリット 2019年3Q決算短信
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4397/tdnet/1730972/00.pdf

以上でいったん終わりにしますが、利益が伸び続けるかどうかなど追って書いていきます。ありがとうございました。