株価が下がり続けるメルカリは割安か!?

2020年1月30日

投資判定=割安

・海外は不透明
・国内も成長がゆるやかになり、競合も成長
・国内だけでも価値はある?

指標

・株価は上場時4,500円→1/29 1,800円
→下がり過ぎ
→理由は?

・時価総額は2,800億と大きい
→価値はあるのか?
→Zホールディングスは2兆
→ZOZOは5,600億
→LINEは1兆
→買収可能性は0ではない

業績

・売上↑、純利益↓
→まだ投資段階
→国内売上成長にかげりが見えると株価は下がる可能性あり

 →米国メルカリがうまくいけば最高
→米国メルカリを撤退するとポジティブインパクトかネガティブかは不透明

事業は3つ

・国内メルカリ

 →稼ぎ頭として安定成長が必要
→成長がゆるやかになった=ネガティブ

 →直近は売上↑、利益↓
→ZHD、楽天といった競合が伸びている

・米国メルカリ

 →固い地位を築けるか?=認知度が課題
→成長は鈍化
→直近の利益は非開示

・メルペイ

 →単体での利益ではなくシナジー狙い
→株価には重要ではない
→PayPayが強すぎるので戦略は異なる

投資判定=割安

・海外は不透明
・国内も成長がゆるやかになり、競合も成長
・国内だけでも価値はある?

IT

Posted by michi