ブロックチェーンゲームが起死回生になるのか!?【アクセルマーク】3分でわかる決算分析

2020年1月14日

検索ランキングで上位に入っていたのでアクセルマークの決算分析をしていきます。

投資する前に会社を知れば知るほど狙い通りに株価が動かなくても自信を持って投資ができます。

そのために決算分析を通して将来の株価がどうなっていくのかを予想していきましょう。
今後割安になっていくかどうかを決算分析によって調べていきます。決算分析を材料に上がりそうな株を選んでいきますので、チャンネル登録がまだの方は登録いただけましたら幸いです!


まず事業はコンテンツ配信や広告もありますがゲームがメインの会社です。

そして広告会社のセプテーニ傘下なのは大きな要素ですね。

独立系と違ってかなり安定はしているので、潰れてしまう心配は少ないです。

株の指標では割高か割安かを表すPERがマイナスですね。これがマイナスということは赤字の会社です。

これから利益が黒字になっていくかはチェックが必要てす。

時価総額は51億とけっこう小さい会社です。

100億を超えないと機関投資家も買ってくれないので、個人投資家が株主の多くを占めているのではないでしょうか。

反対に業績が伸びていって機関投資家も買えるようになれば株価の上昇につながる可能性があります。

5年間の株価推移では右肩下がりですね。

プラスに転換するニュースや材料が今までずっと無かったようです。

直近の1年間推移を見ると、急激に上昇していますね。

この上昇がずっと続けばよいのですが、何が要因だったのでしょうか??

急騰したのは12月9日ですね。

ニュースを見ると、コンサヴァというゲームが期待されて買われました。

続いて7月に急騰した理由を見ると、

こちらもゲーム「コンサヴァ」が要因でした。

アクセルマークはゲームが期待されれば株価が上がりますね。

ここて重要なのは何をしても株価が反応しない株なのではなく、ちゃんと良い材料があれば反応するということですね。

実際にこれから成長していくのか!?利益は増えていくのか!?

ここを予想するために今までの実績を分解してみましょう。

推移を見ると売上は伸びておらず、2018年9月期には下がってしまっています。

ここが伸びないと利益を伸ばすのも厳しいので注意したいです。

そして利益は右肩下がりてすね。しかも赤字△5億円とかなり大きいです。

この流れを転換できないと投資するには厳しいですが、もしその傾向が見えたなら期待して買うことも考えられます。

安全性を念の為見てみると、営業キャッシュフローはマイナス△3億と大きいです。

それでも自己資本比率は40%以上あって純資産も9億円あるので、まだまだ危険水域では無いです。

ここは最低限の水準を押さえておきたいですね。

なんでマイナス△5億円も赤字があるのかを見てみると、売上総利益の時点で赤字です。

これは異常です。

ふつうコストが売る価格下回るように価格を決めるので、売上総利益時点での赤字は起こりません。

それでもアクセルマークは赤字になっているので、開発費がかかりすぎているけど売上は伸びないというピンチな状態と考えられます。

1年間の実績を見ても売上総利益率、つまりよくいう粗利率は1%と低いですね。

ここはあまりインパクトはありませんが、利益の出ていない不採算案件を整理して特別損失が4億円出ています。

なにが売上総利益を悪くしているかというと、まず2017年9月期は利益率が13%と2018年9月期よりも良かったです。

低い売上が利益率に悪影響を与えているようです。

セグメント別で見るとゲーム事業の赤字幅が大きいです。

ここがどうにか黒字転換しないと会社全体の利益も厳しいです。

前年を見ると赤字幅は今年よりも小さいです。

どれくらい開発にお金をかけるか、戦略をどうするかでこの赤字幅は変わります。

赤字を出さずにちゃんと利益を出せる事業になるのかどうかが大事なポイントです。

こんなに赤字になった理由はゲームの大型アップデートが要因です。

これで売上が成長すればよかったのですが、うまくいきませんでした。

これからはブロックチェーンのゲームに集中する戦略です。

正直うまくいくかどうかはまったく不透明です。

ここまで開発したゲームで成果が出ていれば利益の伸びを予想できるのですが、今まで全然結果が出ていないので。

来期、2020年9月期の予想はまだ赤字の見込みです。

時価総額が50億なので、純利益が1億でればPERは50倍になります。

せめてPERが50倍になることもまだまだ時間がかかりそうです。

これを考えても透視するのはちょっと待ちたいですね。

これからはどんな戦略で攻めるかというとIoT事業です。

新しい事業で攻めるのはいいのですが、今やっている事業ては伸ばすことが厳しいと言っているのと同じなので、よくはないですね。

新しいことはうまくいくかどうか読めないので、ここで投資に踏み切るのは難しいです。

IoT事業は他の会社と提携して進めます。

大きい市場に攻めたいんですね。

はたしてIoT分野て成長できるのでしょうか??

これはうまくいくきざしが見えないと全然わからないです。

ブロックチェーン事業は期待できる可能性もありますが、ゲーム事業の伸びを考えると割安とは考えにくいです。

なので投資するのは保留にします!

動画はこちらから