オウケイウェイヴの株価を予想するための7つの要因

2020年1月12日

先週一週間の株価上昇ランキングで上位になっていたので、オウケイウェイヴに投資したら上昇するかどうか分析していきます。

株式指標

オウケイウェイヴはQ&Aのサイトを運営していますよね。そこまではわかるのですが実際の業績などは全然知らないのでどうなのでしょうか??

みんかぶホームページより抜粋
https://minkabu.jp/stock/3808

なるほど時価総額は170億なんですね。ずっと前からサービスが有名だったので、もっと大きな会社かと想像していました。

PERも27倍と全然高くないですね。そして株価が先週上昇ランキングの上位に入っていましたが、ここ1年では最高値の半分になっちゃっているんですね。これがもとに戻るような材料があれば投資候補になってきますねー。

ちなみに5年の株価推移を見てみると2018年にぐわっと上昇していました。これの理由は要チェックです。今は2018年4月最高値の6,000円から1/3になっているんですね。

みんかぶの説明にAI活用に注力とあるので、もしかしたら2018年のはじめにはAI銘柄として株が買われたのかもしれません。

AIの取り組みが本物なら今後は期待がまた再燃する可能性は0じゃないかもしれないです。さてさて何が起きたのか見てみましょーー。

先週の株価上昇は米国のメディア企業との提携が材料になったのですね。どのくらい業績に寄与するかおそらく具体的な情報はないと思うのですが、株価がこれだけ反応したのは意外です。次も大きくなくても好材料があれば株価上昇につながるかもしれません。これは良いですねー。

次に2018年1月から4月まで続いた上昇の要因を見てみましょう。

まじか、、、まさかのAI銘柄としてではなく、仮想通貨銘柄として買われていたんですね。

あらら、、これはかなり意外でした。となると、今は最高値6,000円の1/3に下がっちゃっているので、もう仮想通貨銘柄としては期待されなくなっているのでしょう。。。

そうなると今後は仮想通貨銘柄として株価上昇するのは厳しそうなので、2018年前半の再現は難しそうです。。。

なのでここからはAI活用や業績向上による株価上昇の材料を探していきます!

有価証券報告書より抜粋
http://faq.okwave.co.jp/faq/show/2703?category_id=455&site_domain=ir

ほおーこれまた意外でした。ずっと前から知っていて、かつまだ時価総額が小さかったので、着実に利益を出してきていたのかなと想像していましたが、2014年6月期までは赤字だったんですね。

しかもけっこう△3億と金額は大きい。。。

ちなみにさらにその前は黒字だったんですね。2013年度と2014年度に何があったかは気になるところです。もう一度同じことが起きないことをチェックしておきたいですね。。

決算説明会資料より抜粋
http://faq.okwave.co.jp/category/show/454?site_domain=ir

2014年度の赤字は特別なことがあったのではなくて、単純に粗利率が悪く、かつ販管費も多くかかってたからでした。2015年度以降は改善できているのかどうか追ってチェックしていきます!

まとめ

  • 時価総額は170億
  • PERも27倍と全然高くない
  • 1年では最高値の半分
  • 2018年4月最高値の6,000円から1/3に
  • 先週の株価上昇は米国のメディア企業との提携が材料
  • 仮想通貨銘柄として買われていた
  • 2014年度の赤字は特別なことがあったのではなくて、単純に粗利率が悪く、かつ販管費も多くかかってたから

今回はここまでにして、またあした追加でチェックしていきます!ありがとうございました!