3分でわかる!マネックスグループの会社分析

2020年1月12日

こんばんは。今日は2Qの決算発表があったマネックスグループを分析していきます!

社長の松本大さんとコインチェックを買収したことくらいしか知らないのでどんな会社かを見ていきます!

おおお、1年間の株価推移はずっと右肩下がりなんですね。

時価総額は710億とそこまで高くありません。ネット証券の大手なので時価総額はもっと高いのかなと思っていたので意外でした。

そしてPERは60倍なんですね。結構高いな。。金融業の中でもかなり高そうだな。

そして5年間の株価推移では2018年にびっくりするぐらい急激に上がっていますね。なんかコインチェックがらみっぽいな。

2018年5月に何があったのでしょう??

やはりコインチェック買収のニュースで上がったんですね。それからはずっと右肩下がりですが今後の上昇余地はないのでしょうか??

業績をチェックしていきます!

収益は全然伸びていないですね。

利益も結構変動しています。しかも直近の利益率が2%とめちゃくちゃ低いです。

なんでPERが60バイト期待されているのでしょうか?期待されているのであれば将来の利益は増える見込みなのでしょうか?

決算説明会資料をチェックです!

米国が順調なのはかなり意外です。日本国内が中心の事業をしていると思っていたので。。。

IT企業だと米国でうまくいくのはあまり聞かず日本国内が多いのですが、金融は違うんですかね?

逆に考えると日本国内だけでは成長が難しいのかもしれません。

やはり日本国内は減益なんですね。今後も厳しいのでしょうか。

市場環境よりも戦略がうまく行かなかったので日本国内は減益だったんですね。それなら今後挽回する余地はありそうです。

あとは仮想通貨で損失計上ですね。でも6億円と影響は思ったよりも小さいです。

ここまでで気になるのはなんで日本はうまくいっていなくて米国はうまくいっているのかです。

国内は取引量低下が影響しているんですね。これが続くのなら収益向上には海外事業がキーになりそうです。

米国はほんとうに順調そうですね。口座数は右肩上がりで、「全米オンライン証券会社トップ5」に選ばれたんですね。

強j味はプラットフォーム技術なので、技術力を強みにできているのはいいですね。

国別の構成では米国は40%もあるんですね。マネックスは米国の伸びを期待したいですね。

ここまでありがとうございました!

【出典】
みんかぶホームページ
https://minkabu.jp/

マネックスグループホームページ
https://www.monexgroup.jp/jp/investor/ir_library/presentation.html