イトクロ社の分析|事業と業績を知ろう

2020年1月12日

今日の値上がり率で上位になっていたのでイトクロを分析してみます。

全然効いたこと無い会社だからどんな会社なのかきになりますね。

どんな事業?

教育メディアサービスとコンサルティングサービスの2つをやっていますね。

構成比率は9割以上がメディアサービスです。

(※1)2018年決算説明資料
https://www.itokuro.jp/ir/news/

教育メディアサービスとは?

教育のメディアなのでどんなことをしているのかなと思ったら、「塾ナビ」など塾や学校を紹介するメディアですね。

(※1)

競合他社との違いやイトクロならではの強みが気になります。

ビジネスモデルはストック型ではない

一度契約したらずっと利用料が入り続けるストック型ではなく、資料請求のたびに収入を得るビジネルモデルです。

(※1)

これからどんな成長をしていくか気になります。

イトクロの業績は?

利益率が50%近く、売上利益とも順調に伸びている

まずは売上と利益ですけど、面食らったのが利益率が高い!!!

営業利益率50%近いですし。。。いままで分析してきた中ではトップクラスの高さですよ。。。

売上は44億、営業利益は20億ですね。

すごい。。。しかも売上と利益ともに順調に伸びています。

(※2)2018年10月期決算短信より作成
https://ssl4.eir-parts.net/doc/6049/tdnet/1654706/00.pdf

投資キャッシュフローは3年つづけて多い

数字だけ見るとかなりいい会社ですねこれは。。。

あえて気になるといえば、投資キャッシュフローが過去3年で大きく続いているから、何に投資しているのか?と投資が成果出ているのか?というところです。

(※2)

純資産は利益で積み上げ

BS見ると純資産は利益で積み上げてきたのがわかりますねーーーこれはいい会社だ。。。(2回目)

あと気になるとすれば成長率は10%ちょっとで大きくはないことと、時価総額はどれらいなので、チェックしていきます。

なにに投資している?

投資キャッシュフローがずっと大きいので、チェックしてみましょう。

直近は医療情報サイトの会社をM&A

まず直近の2018年度は関係会社株式の取得でした。

えふなな社を3億で買っています。

営業利益1,600万なのに3億で買っているので高値の買い物ですが、医療情報サイトをやっている会社なので今後の成長を期待してのことでしょう。

のれん負担が気になるので2019年度の進捗をチェックです。

2019年度の業績進捗は?

のれんが気になるので進捗を見てみたところ、業績予想を下げていますね。

(※3)2019年2Q決算説明資料
https://www.itokuro.jp/ir/news/

理由はなにかというと、広告強化で売上を伸ばそうとしたところ、Googleの広告を出す費用が増加したからでした。

うーん。ですね。今後はどのように売上と利益を伸ばすのか不安になります。

下方修正後の戦略

今後の戦略は売上の9割を占める塾ナビではなく、医学部受験サイトと学校情報に注力していきます。

(※3)

この2つの事業は売上1割にも満たないので、本当に実現するのかは気になりますね。

今までの投資からチェック

ここで過去の投資がうまく行っていれば今後も期待できるのでチェックしていきます。

2017年度の投資キャッシュフローは10億も出ているので、何に投資しているのかな?と思ったら定期預金の預け入れですね。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)
当事業年度における投資活動による資金の減少は1,009,210千円となりました。主な資金増加要因としては、
定期預金の払戻による収入2,401,108千円によるものであります。これに対して主な資金減少要因としては、定
期預金の預入による支出3,302,184千円、関係会社株式の取得による支出90,000千円によるものであります。

2019年2Q決算短信
https://ssl4.eir-parts.net/doc/6049/tdnet/1538644/00.pdf

これは意外でした。事業へ投資したわけではないんですね。

続けて2016年度の投資キャッシュフローも16億出ているので内容を見てみると、定期預金の預け入れと、3億は口コミサイト会社のM&Aでした。

ですがこの口コミサイトは2019年度で売上に出ていないためうまくいかなかったと予想されます。

そうなると今後の事業展開がちょっと不安です。

ここまで見てきましたが、利益率などかなり良いですが、今後の成長は少し不安ですね。

また引き続き見ていきます。ありがとうございました。