イノベーション社の株価を分析するための7要因

2020年1月12日

こんばんわ!9月の株価上昇率で8位にランクインしていたのでイノベーション社を分析していきます!IT製品の比較サイト事業をやっているとのことで、価格ドットコムのようなサイトなのでしょうか?見ていきましょう!

みんかぶホームページより抜粋

まず時価総額は36億、PERがは419倍ですね!PER高い!!利益全然出ていないんだなーー。

そして今の時価総額は36億ですが、1年前は750円だったので、時価総額は10億ちょっとだったんですね。上場維持が危うくなる水準です。。。なぜ株価は回復したのでしょうか??

ちなみに5年推移を見ると上場時から1/3以上減少して、半分くらい戻したのが現在なのですね。

9月は株価が伸びていたので、今後も伸びていく可能性は十分あると思います。すべては業績次第ですね!

有価証券報告書より抜粋

売上はあんまり伸びておらず、横ばい傾向なんですね。これだと売上の伸びが期待しづらいな。。。

利益は2017年3月期にかなり増えていますが、なにか特殊要因が合ったみたいですね。

そしてはネックなのが純利益が300万と全然出ていないです。でも自己資本比率は意外に78%もあったので潰れる心配は全然なさそうですね!赤字にもなっていないので。

ではではなぜ売上は伸びていないのか、今後は伸びるのかどうかをチェックしていきましょう!

決算説明会資料より抜粋

でもそうか!直近の2年間は10%ちかく増加しているんですね。もし引き続き2020年3月期も好調なのであれば、株価がついてくるかもしれません。

実現するかどうかはわかりませんが、予想は売上20%増加とかなり良い見通しです。

決算説明会資料より抜粋

実際に2020年3月期1Qの進捗を見てみると、売上が4億6,000万なので、1年間では18億に行きそうですね。これはかなりの好材料です!

利益は1Qですでに3,400万出ていますし、なかなかいいですね。

ちなみに事業はオンラインメディアで、IT製品の比較をやっているんですね。

市場自体が伸びているので、外部環境は悪くなさそうです。

ちなみに9月に株価が上昇した要因は特別なものはなかったです。

Contents

まとめ

  • 時価総額は36億、PERがは419倍
  • 5年推移を見ると上場時から1/3以上減少して、半分くらい戻したのが現在
  • 売上はあんまり伸びておらず、横ばい傾向
  • 直近の2年間は10%ちかく増加
  • 予想は売上20%増加とかなり良い見通し
  • 2020年3月期1Qの進捗を見てみると、売上が4億6,000万なので、1年間では18億に行きそう
  • 利益は1Qですでに3,400万

引き続きチェックしていきたいと思います!ありがとうございました!