ガンホーの株価を予想するための9つの要因

2020年1月12日

前回はコロプラを分析しましたが、今回は同じくゲームを出しているガンホーを分析していきます。

パズドラをやっていること以外はほとんど知らないので気になります。まずは株式指標を見ていきましょう。

みんかぶホームページより抜粋
https://minkabu.jp/stock/3765

やはり株価は想像通りかなり落ちてますね!でも今年の4月には1年前の倍になっています。業績が良かったのでしょうか。

なんで上がったのか、なんで落ちたのかは気になりますね。

時価総額は2,200億とかなり大きいです。コロプラは890億だったので倍以上はありますね。

でもPERは10倍です。利益はコロプラよりかなり出ているんですね。あまり期待されていないのはパズドラの次が難しいからなのでしょうか。

ちなみに10年間のチャートでは最高値が1万円を超えていて、現在の5倍近くあったんですね。でもそれは上場直後の期待なので、水準としては7,000円くらいですね。そこからは1/3になっているのが今の株価です。

株価が今後どうなるかを考える上では直近1年間が参考になりそうです。

まず株価は12/30、1/28、2/25、3/11ころに急に上昇していて、反対に5/6、6/3、8/5ころに急落しています。

上昇した時はどんな要因があったのでしょうか?

ニュースをさかのぼってみると、やはりゲームが好調のときに株価は伸びています。当たり前といえば当たり前ですが、好調の時にちゃんと反応するのは必要です。

そして、パズドラは海外展開に失敗しましたが、ラグナロクMが成功しつつあるようですね。ラグナロクが海外で好調なら売上の大幅アップが期待できますが、進捗はどうなのでしょうか。

次は反対に下落した時を見てみます。

うーん、ですね。利益が倍増のニュースが出ているのに株価は下がっています

そして新しいゲームのリリースでも下落しています。ラグナロクは世界で人気のゲームなのですが、それでも下落しています。

最後は業績失速のニュースで下落していますね。

ここまでをまとめてみます。

ゲームが良いと上昇しますが、業績がいくら良くても下落していますね。

もちろんゲームが好調なので上昇しすぎて、好業績の発表や新ゲームのりりースをしてもすでに高すぎたというのは大きいと思います。

そしてそこに業績失速が来ると当然のように下落するという。

Contents

まとめ

  • 今年の4月には1年前の倍
  • 時価総額は2,200億とかなり大きい
  • PERは10倍
  • 株価は12/30、1/28、2/25、3/11ころに急に上昇していて、反対に5/6、6/3、8/5ころに急落
  • 【○株価上昇】国内ゲームが好調
  • 【○株価上昇】海外売上が好調
  • 【×株価下落】前期比で利益倍増
  • 【×株価下落】新ゲームのリリース
  • 【×株価下落】業績失速

ここからは個人の感想ですが、2019年1月~3月におけるパズドラの好調やラグナロクの海外展開で上がりすぎた分は元に戻るまで下がったので、今後ゲームが好調になれば株価は同じように上がるかもしれません。

PERがも10倍なので、これ以上株価が下がりにくいのではとも考えます。純利益が維持できればの話ですが。。。

これからも投資候補としてウォッチしていきます。