GameWithを買っても良い10の要因|事業内容編

2020年1月12日

こんばんは。昨日から乱高下しているのでGameWithを引き続き分析していきます。

みんかぶホームページより抜粋
https://minkabu.jp/stock/6552?q=GameWith

午前中は昨日からかなり下がったのでまじかーーーと思いましたが、午後はなんとか持ち直しました。結果、前日比△3%でした。あぶねーー。

明日からはどうなるかまだまだ予断を許しませんが、長期的に伸びるのかどうか、今日は事業面をチェックしたいと思います。

事業内容

ちなみに昨日の分析では営業利益はマイナスの予想でした。それがしんどいなーーと思い、これからの戦略を見ると次のようになっていました。

決算説明会資料より抜粋
https://gamewith.co.jp/ir/library/presentation

これは本当に達成するのでしょうか?予想するための材料を探していきます!

まず既存事業での収益拡大ですね。

既存事業というと、大きくゲーム攻略事業・ゲーム紹介事業・動画配信事業の3つに分かれます

GameWithはゲーム攻略サイトのイメージが強いのですが、ゲーム攻略事業の構成比は58%なんですね。

そしてゲーム紹介事業は20%を占めています。まず1つ目の戦略ではこのゲーム紹介に注力していくとのことです。

たしかに主力のゲーム攻略事業の売上はどんどん下がっているので、それ以外の売上増加が必要ですね。

それで、ゲーム攻略事業が伸びるのかどうか材料を探して見ると、ゲーム紹介事業は確実に前年同期比よりは売上が伸びています。これは良い材料です。

具体的な戦略として広告宣伝をやるとのことです。これが効果出れば売上増加を期待できますが、2020年1Qに結果が出ているかを見てみましょう。

ふむふむ、あんまり2019年4Qよりはほぼ横ばいですが、たしかに前年同期比よりは+10%伸びています

急激な伸びは期待しにくいですが、着実な積み上げは期待したいところです。

次に海外事業ですが、月間PVは1,400万あるんですね。これは2019年5月末は1,300万PVだったので、+100万PV伸びています

ちなみに国内のPVは5.9億もあるんですね!それを考えるとまだまだというかめちゃくちゃ伸びる余地は大きいです。市場を取れればの話ですがーーー。

NEWZOOホームページより抜粋
https://newzoo.com/insights/articles/global-games-market-reaches-137-9-billion-in-2018-mobile-games-take-half/

まだ売上にどれだけ貢献できるかはわかりませんが、海外ゲーム市場は今後も伸びが見込まれるだけに楽しみではあります。

3つ目の新事業領域への挑戦ですが、これはe-sports・イベント制作・ブロックチェーンゲームをやるようです。

まだまだ売上が大きくなるのは先だと思うので、長い目で見ていきまーす。

まとめ

  • ゲーム攻略事業・ゲーム紹介事業・動画配信事業の3つに分かれます
  • ゲーム攻略事業の構成比は58%
  • ゲーム紹介事業は20%を占めています
  • 主力のゲーム攻略事業の売上はどんどん下がっている
  • ゲーム紹介事業は確実に前年同期比よりは売上が伸びています
  • 具体的な戦略として広告宣伝
  • 2019年4Qよりはほぼ横ばいですが、たしかに前年同期比よりは+10%伸びています
  • 海外事業ですが、月間PVは1,400万
  • 2019年5月末は1,300万PVだったので、+100万PV伸びています
  • 国内のPVは5.9億もある