FRONTEOは優良株なのか!?11の材料で分析!

2020年1月12日

こんばんは!今日の値上がりランキングで5位になっていたのでFRONTEOを分析していきます!

前もFRONTEOは分析しましたが、米国での法律文書解析事業がうまくいっていないんですよね。

あとはM&Aを積極的にやってはいるんですが結果がまだついてきていない、そして利益もあんまり出ていない会社でした。

今回は株価の値上がり・値下がりも含めて今が割安なら投資してみようかなと思います!よく値上がり株ランキングに入っているので注目はされているのかもしれません。

優良株リストに入るのかどうかチェックしていきます!

みんかぶホームページより抜粋
https://minkabu.jp/stock/2158?q=FRON

今日の株価見るとすごい上がっていますね。+15%も上がっていました。出来高も300万株と多いですねーーー。

時価総額は137億とこれからまだまだ伸びる余地は大きそうです。

PERは204倍とめちゃくちゃ高いですね!これだけ見ると投資する気はまったく起きませんが、これからどれくらい理系が出るのかをチェックして、優良株リストに入るかどうかの材料を探していきまーーす。

ちなみに5年間の株価推移を見るとびっくりするぐらい急激な右肩下がりになっています。これはしんどいっすね!逆に言えば割安とも言えるが。。。

ニュースでは薬局業界向けサービスのために提携とか、創薬研究支援AIシステムとかを出しているんですよね。

商標審査支援システムの有用性実証とか。。。でもまったく株価は上がらないという。。さてさてどうしたんものか。反転する材料は見つかるのでしょうか??

まず振り返ると業績推移はこんな感じでした。売上は全然伸びずに横ばいが続いているんですよね。営業利益は2017年度に黒字転換しましたが、それでも営業利益は2億と低い金額です。

粗利率が若干よくなっているのは良い要因ですね。

こうなってくるとポイントは営業利益が伸びるのかどうかです!イコール売上と営業利益率が伸びるのかどうかですね!見ていきましょう!!なんとしてでも好材料を探さねば!

ではまず売上が伸びるのかどうかです!そもそもなんでこんなに売上が伸びていないんだーーー。

決算説明会資料より抜粋
https://www.fronteo.com/ir/ir-data/briefing/

なるほど!リーガルテックAI事業はどんどん売上が下がっていて、反対にAIソリューション事業は巻き返しています

だがしかし、、、AIソリューション事業は全然利益出ていないですね!リーガルテックAI事業の2018年4Qも赤字になっていますが。。こうなってくるとAIソリューション事業とリーガルテックAI事業それぞれの売上見込と利益率見込みが超重要ですね!

よしっ!リーガルテックAI事業の売上はというと、、、

大型案件を失注したとのこと。やはり売上の増減に合わせて利益も増減していますね。2018年4Qは損益分岐点を下回ってしまったのでしょう。。。となると、やはりどれだけ売上が増えるかが利益にも直結しそうです!

国別では米国の売上が下がっていますねーーー。でもこれはしょうがないかもしれません。競合もめちゃくちゃ強そうですし。。日本とアジアの売上増加に期待したいです。

続いて、これはひさびさの好材料ですね!大型案件は順調に積み上がっています。ちょっと気になるのは右肩上がりなのでおそらく累計の数になっているはず。。。そうなると安心はできないっすね。

続いてAIソリューション事業ですが、ここは一番の好材料かもしれません!

AIソリューション事業は売上がどんどん右肩上がりで伸びていて、かつ営業利益もFY2018に黒字転換しているんですよね!!損益分岐点を超えたっぽいです!これなら売上の伸びに比例して利益も伸びそうです。

そして導入企業がどんどん増えているのでストック型みたいですね!これはかなり良いです!売上が下がらずに積み上がりやすいですもんね!

我々の技術的な部分やソリューションの効果などに関しては、大変自信を持っています。しかし、そこを販売していく能力、我々の会社の中の能力の部分に関して、まずしっかり固めていき、もう一度次のステージにチャレンジしていきたいと考えているところです。

https://finance.logmi.jp/341415

AIソリューション事業には自信を持っているようです!あくまで自称ですが、私はAIソリューション事業に期待したいです!!

最後に2019年1Qの進捗チェックでーーす。

AIソリューション事業の前四半期比では下がっちゃってますね!なんでだーーー!

これ導入企業数は積み上がっても受注はストックじゃないんですね。。。うーーんしんどい。

Contents

まとめ

  • 時価総額は137億
  • PERは204倍とめちゃくちゃ高い
  • 5年間の株価推移を見るとびっくりするぐらい急激な右肩下がり
  • 営業利益は2017年度に黒字転換しましたが、それでも営業利益は2億と低い金額
  • 粗利率が若干よくなっているのは良い要因
  • リーガルテックAI事業はどんどん売上が下がっていて、反対にAIソリューション事業は巻き返しています
  • 大型案件は順調に積み上がっています。ちょっと気になるのは右肩上がりなのでおそらく累計の数になっているはず
  • AIソリューション事業は売上がどんどん右肩上がりで伸びていて、かつ営業利益もFY2018に黒字転換している
  • AIソリューション事業には自信を持っているよう
  • AIソリューション事業の前四半期比では下がっちゃってます
  • 導入企業数は積み上がっても受注はストックじゃない

ここまで見てきましたが、AIソリューション事業の売上が伸びてこないとしんどいっす!逆にそれに期待して投資するのもありかーーー。

売上が伸びるか不透明なので優良株リスト入りはみおくります!ありがとうございました!

AI, ITFRONTEO

Posted by michi