黒字化が早いのはフリー!マネーフォワードと比較

2020年2月25日

■フリーとマネーフォーワードを比較①:まとめ

・フリーのほうがシェア1位とサービスが強い
・フリーのほうが黒字化見込みが1年早い
・市場環境が良い
=買うならフリー

また、動画版もありますので見ていただけたら嬉しいです。

■フリーとマネーフォワードを比較②:株価

【フリー】
・2019年12月に上場したばかり
 →まだ定着していない
・直近2月に決算プラスインパクトで急上昇

【マネフォ】
・株価は倍近くまでアップダウンを繰り返し
→成長次第で決まる

■フリーとマネーフォワードを比較③:指標

【フリー】
・想定PER:赤字なのでマイナス
・時価総額:2,000億と大きい

【マネフォ】
・PER:△41倍と利益は赤字
・時価総額:1,100億と大きい
=本当に利益上昇見込みがあるのかどうかチェック

■フリーとマネーフォワードを比較④:業績前半

【2社共通】
・フリーとマネフォともに好調なので市場環境は良い
 →2社とも買いやすい
・売上がストック型(積み上げ型)
 →減少しづらい

【フリー】
・FY2020予想:純利益△31億と大きい
・売上成長率:+54%
・黒字化するには?
 →FY2020計画:純損失△31億、粗利率80%
  =あと売上+38億必要
  =2年後のFY2021に達成見込
  =黒字化見込はフリーのほうが早い

■フリーとマネーフォワードを比較⑤:業績後半
【マネフォ】
・売上成長率:+50%が続く
 →今後も期待できる
・黒字転換はすぐに可能?
 →黒字化するには?=販管費27億/Qを吸収するには?
  =粗利率60%なので売上45億/Q必要
  =2年後のFY2022に達成見込
  =販管費も増えるので3~5年後の想定

・BtoB売上:構成比76%、高成長続く

■フリーとマネーフォワードを比較⑥:将来の見通し

【2社共通】
・市場に拡大余地あり

【フリー】
・会計だけじゃなく、人事労務クラウドもシェア1位
 →自動化に強み
 →品質へのこだわりを感じる

【マネフォ】
・会計分野のクラウド化は市場環境○
・会計分野周辺にも拡大を進めている
・事業は幅広いが売上は大きくない
 →急成長は難しいと予想

まとめ

・フリーのほうがシェア1位とサービスが強い
・フリーのほうが黒字化見込みが1年早い
・市場環境が良い
=買うならフリー