ディー・ディー・エスは買い時かどうか分析してみた

2020年1月12日

ではではDDS社を分析していきます!FRONTEO社つながりでyahooファイナンスから出てきましたがどんな会社なのでしょうか??

↓↓↓動画編はこちら↓↓↓

まず指紋認証ソフトの会社なんですね。

そして時価総額は140億円、PERは△15倍と赤字の会社なんですね。

赤字でも時価総額は140億あるので何に期待されているのでしょうか??今後の利益は見込めているのでしょうか??要チェックです。

株価は2017年3月に大きく上がっていますね。これは何だったのでしょうか??

この時は個人情報保護法の改正に対応した新製品に期待が集まったんですね。でも急速にしぼんでいったという。。。

これを巻き返すにはやはり利益を出すしか無いですね!実際に今までの利益推移はどうだったのでしょうか??

おおお、赤字と売上が同じくらいの大きさになっていますね。今まで分析してきた中では初めてです。

かなり先行投資の状態みたいですね。これだといつ黒字転換するかの情報が欲しいですね。

まだまだ先行投資の状態で黒字転換が見えないとなかなか手を出しにくいです。

またまたおおおですが、、まさかの決算説明資料が無いという。。短信を見てみるしか無いですね。

営業利益は黒字転換したんですね。

そして特別損失で投資有価証券などの損失を△8億円出したとのこと。これはうみを出し切ったのであればよいか。。

営業利益が黒字になったのはかなり好材料なのでFY2019の進捗をチェックです。

FY2019.2Qも営業利益が黒字なのはいいですね。

そしてそして、いいのですがもっと利益が上向く可能性は無いのでしょうか??

FY2019の予想は営業利益が2億ですけど、本当に実現するかは2Q時点では全く不透明ですね。

最後になんでこんな黒字ぎりぎりなんだろう??

ふむふむ、粗利率は直近ではほとんど変わりないですね。

そして売上が下がるタイミングで営業利益も赤字になるという。これを見ると売上が上がれば営業利益も大きく増えそうです。

反対に売上が120億ほどいかないと黒字ぎりぎりに終わってしまいそうですね。

今後は売上の伸びに期待して投資するかどうか。。悩むところです。

とここまでになりますがありがとうございました!

【出典】
みんかぶホームページ
DDSホームページ、IR資料