コロプラとアクセルマークを比較

投資判定

コロプラ
・ドラクエウォークが当たっても利益は低い
・新規ゲームが当たるかどうかは読めない
・PERは100倍と高い
=割高と判断

アクセルマーク
・コストを吸収できるほど売上がなく、黒字化の見通しは立たず
・時価総額は小さい
・ブロックチェーンゲームは市場が大きくなるか不透明
=イチかバチか賭けてもおもしろい

指標
株価

コロプラは長期的には右肩下がりですが、昨年の2019年9月に急上昇し、700円から1,700円まで倍以上になりました。
そして、直近では930円と半分近くまで下がっています。
直近は大きく上昇しているので、同じような材料があればまた上がる可能性は十分ありますが、そのまま上がり続けることもあるのかどうか、分析していきます。

一方で、アクセルマークもコロプラと同じように長期的に下落が続いています。全然下げ止まる気配がないように見えますが、昨年2019年12月には600円から900円まで1.5倍あがっています。
その後すぐに元に戻ってしまいましたが、同じような材料が続くのであれば成長継続も期待できるので、ここをチェックします。

PER

コロプラは株価収益率が100倍と高いです。それでも株価は下がった水準にあるので、以前はもっと割高でした。
また、株価収益率100倍はかなり期待されているということなので、この期待値を越えられるのかが注目ポイントです。

一方で、アクセルマークの株価収益率は△2倍なので、利益は赤字です。
また、時価総額が30億とかなり小さく、100億を下回っているとファンドなどの機関投資家が買いづらいため、株価は上昇が続きにくいです。
まずは早めに100億を超えたいところですが、反対に利益をちゃんと出せて、時価総額が100億に届くのであれば、そのあと買いが入って更にその上まで上がるかもしれません。
ここを確認するために利益見込みをチェックしていきます。

業績

まずはコロプラですが、売上は減少傾向で、直近はドラクエウォークゲームが好調だったので踏みとどまってはいますが、大きな流れとしては下がり続けています。
利益も昨年2019年度は11億しか出ておらず、利益率が0%近い四半期もあることから、さらに売上が落ちてしまうと赤字になる可能性もあります。
売上・利益だけ見ると、なかなか割安とは言えず、買いに踏み切れません。
また、ゲーム会社はどうしても既に出しているゲームの売上が下がる傾向にあります。コロプラの3ヶ月毎の推移を見ても、2020年1Qはドラクエウォークなどで耐えていますが、このヒットがなければ売上は大きく下がっていたと予想できます。
次から次へと人気のゲームを作り続けられるのかどうか、ここが大きなハードルとなるので、株価収益率100倍の期待を超えるのは厳しいと考えます。
ただ、コロプラの良いところは、ゲームの白猫プロジェクトが流行った2016年頃までに、利益を毎年200億近く出していたことです。これによって純資産が690億・自己資本比率が90%になっていて、簡単には危ない経営状態にはなりません。
このお金を使って次の戦略に投資することもできます。今まではお金をたくさん持っていても、毎年の投資は50億もしていないので、今後も大きな投資に踏み切ったときは期待できます。

一方で、アクセルマークは売上・利益ともに下がっています。売上が30億に届かないのですが、利益は赤字で△12億も出ています。
特別な利益や損失、税金を除いた経常利益は△7億で、過去5年間で黒字になった年はありません。ここから、利益を出す体制そのものができていないと考えられます。
意図した投資期間ならば良いですが、利益を出したいのに出せない時期がこんなに続くのはまずいです。
・利益が出ないのは投資期間だからではなく、コストを吸収できるほど売上を増やせていないから
・売上が増えない限り赤字は続く見込み

将来の見通し

コロプラは2020年2Q以降も新しいゲームを開発していく戦略ですが、ゲームが当たるのか、売れるのかは全く予想できません。
ドラクエウォークは受賞するくらいの売れたタイトルだったのですが、それでも2016年ころの売上には遠いです。
そう考えると、決して楽観できないと考えます。

一方で、アクセルマークは利益の赤字が大きいこと、時価総額が30億と小さいことを考えると、ふつうだったら割高と判断して買いません。
ですが、ブロックチェーンのゲーム開発に取り組んでおり、これがどこまで伸びるかで大きく変わってくるので深ぼりします。
・アクセルマークはブロックチェーンゲームの先駆者
 →売上の実績はある
・他のゲーム会社と連携して、ブロックチェーンゲームを2年間で5〜10本リリース予定
 =何が当たるかわからないので数を出すことは好材料
・ブロックチェーンゲームの市場が大きくなるかは不透明

まとめ

コロプラ
・ドラクエウォークが当たっても利益は低い
・新規ゲームが当たるかどうかは読めない
・PERは100倍と高い
=割高と判断

アクセルマーク
・コストを吸収できるほど売上がなく、黒字化の見通しは立たず
・時価総額は小さい
・ブロックチェーンゲームは市場が大きくなるか不透明
=イチかバチか賭けてもおもしろい

話題株

Posted by michi