コロプラの株価を予想するための8つの要因

2020年1月12日

今回はコロプラの株価を予想していきます。コロプラは白猫系のゲームは知っていますがその他のことは全然知らないので一つずつチェックしていきます。

まずは株式指標を見ていきます。

みんかぶホームページより抜粋
https://minkabu.jp/stock/3668

PERは20倍と全然割高ではないですね。これなら投資しようかなという気も起きてきます。

時価総額は890億とめちゃくちゃ高いわけではないです。ゲームが売れていた時はもっと大きい会社かなと思っていたので、株価は大幅に下がったのかもしれません。

やはり5年間の推移を見るとかなり下がっていますね。今(2019/9/13)が758円なので、株価はピークの4,200円から1/6になっています。

うーん、これからまた上がる可能性があるのかどうか見ていきます。

やはり今後の成長見込み、特に純利益がどれくらい上がっていくかが重要なので見ていきます。

有価証券報告書より抜粋
https://colopl.co.jp/ir/library/report.html

ひええーーーという感じですね。3年前は純利益が200億も出ています。また、直近は右肩下がりではありますが、まだ41億も出ているんですね。

ちなみに4年前以前も見てみると、

単体の業績ですが5年前から3年前まで純利益が余裕で100億を超えています。

ふむふむ、これなら純資産はかなり積み上がっているのではないでしょうか。

いやあ、これはすごいですね。純資産は770億あって、2016年度から全然下がっていません。

とういうのも、投資キャッシュフローが意外にも△50億前後なんですね。これじゃあ純資産は減らないはずです。。。

この純資産の積み上がり方は時価総額890億の会社とは思えないですね。M&Aしたら純資産と時価総額の差が100億しか無いですし。。。

そうなると次に気になるのは今後どうやって成長しようとしているのか?です。

ちなみに売上高はどんどん下がっていますね。2016年と2018年で比較すると、2年の間に売上が半分になっています。

今後の業績で考えるとどうしてもさらに成長しないと期待値が下がるので株価が上がりません。ですので期待されるのかどうか、売上が増えるのかどうかを見ます。

これだけ純資産があるのでいくらでも投資できると思うのですが、どんな戦略なのでしょうか。

決算説明会資料より抜粋
https://colopl.co.jp/ir/library/explanation.html

2018年9月期も新作を出しているので、やはりゲームの新作を出して売上げアップをねらっていますね。

でもその割に投資キャッシュフローは大きな負担になっていないのは良いことです。だいぶ守っているのでしょうか。

やはり2020年9月期以降も新作を増やしての売上増加ねらいです。こうなるとゲームがどれだけ売れるかですね!

また2020年3Qは売上下がっているので新作はヒットしていないですね。今後の進捗をこれからもウォッチしていきます。

株価予想の要因まとめ

  • PERは20倍と全然割高ではない
  • 株価はピークの4,200円から1/6
  • 3年前は純利益が200億も出ています。
  • また、直近は右肩下がりではありますが、まだ41億も出ている
  • 純資産は770億
  • 投資キャッシュフローが意外にも△50億前後
  • 2年の間に売上が半分に
  • 新作ゲームの数を増やして売上アップをねらう

とここまで見てきましたが、株価は将来業績が伸びるかどうかですね。ですが今まで売上がどんどん下がっていく中でPERが20倍になっているので、売上が大幅には伸びなくても下げ止まるか着実に伸びるだけでも期待が復活されるかもしれません。

と期待して投資候補に入れますーーー。のでこれからもウォッチしていきます。

ここまでありがとうございました。